MMC2010

昨晩は早めに帰って、よく寝る寝る寝る。
体調はかなり復帰。我ながら、強いと思う。
小、中、高と一回も学校を休んだ事ないからな〜(笑)

で、本題。本日は、MMC2010にて講演会。
いくつかの構成でまとめましたが、要点は下記。

*1:モバイル広告の歴史
 モバイル広告は1000億突破!したものの、まだまだ小さい。
 スマホの登場で拡大するはず。

*2:スマホの現況
 普及は予測されるが、まだまだ課題も多い。
 一番の課題はエコシステムの弱さ
 どれだけのアプリ、サイトが有料でビジネスになっているのだろうか?

*3:マクロトレンド
 今後5年、10年のスパンで考えたときに、
 スマホを単体で捉えてマーケティングを考えるのはナンセンス。

 PC後に登場した、ネットデバイスがケータイ。
 ここ10年間は2極化だったが、今後はターゲットオリエンティドに、
 むやみやたらと登場する。
 それらは、固有のUI、独自のサービスを有している。
 
 ケータイ、スマホ、タブレット、ネットブック、ノートPC、デスクトップPCなど
 デバイスジャンルの意味が限りなく薄れていくのが、これから。
 
 先端的なサービスは、既にデバイスを無視して提供されている。
 であれば、マーケティングする側=広告主側も、デバイスを無視し、
 統合デジタルマーケティングが必要である。
 
 一方で、らくらくホンの様なある一定規模の母数がある場合は
 特化したマーケティングも必要。

*4:ここ数年のスマホビジネス
 デバイスフラグメンテーションを起こしてしまっているスマホは、
 広告メディア、ツールとしては、まだまだ弱い。
 エコシステムとしてもまだまだ弱い。
 スマホが広告メディア、マーケティングツールとして、
 そのポテンシャルを発揮するには、産業に関わる関係者の
 「競争と協調」が必須である。


本来、マーケティングメソッドや理論を求めていた方々からすると、
少し違和感のある内容だったかもしれませんが、
今起こっている事象の整理が必要だと思ったので、
自分の頭の整理含めて、講演とさせていただきました。

ちなみに講演資料は、こちらです。

余談ですが、twitterって怖いですね。
講演を聴講してないtwitterで知った方から「講演資料ください」って連絡が(笑)

=======================
講演後は他の方の講演を聴講させていただきました。
面白かったコメントとしては、

*コカコーラの江端さん
「ケータイは、社内プレゼンに向いておらず、社内コンセンサスが取りにくかった。しかしタブレットやスマホの方が、社内プレゼンに向いており、意思決定を取りやすいのでは?」

*Jリーグの山下さん
「情熱とアイデアはコストがかからない」

最先端のネットサービスをマーケティングに活用している方の
コメントは秀逸ですな〜。

IMJの川合さんとモデレータの小川さんのコメントは
同業者なので、視点がかなり近い。皆考えている事は同じという事か?



これからの時代はまさに『No Wireless , No Marketing』。
『競争と協調』を各社としながらスマホ市場でも頑張りたいと思います。









profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM