人を紹介する事、される事、受ける事

仕事をしていると、直接、短期的には関係ない人を紹介したり、されたり、受ける事が
長期的に重要だということを思い知らされる。

最初に金ありき=ビジネスありきの関係は、
取引がなくなった瞬間に無くなって行くのだろう。

直接、短期的にビジネス関係のない人との接点は
人として付き合って行けるか?という「人としての信頼」が先に立つ。

紹介する側も「紹介しても恥ずかしくない」ので紹介をするし、
紹介をされる側も「恥じないようにしよう」「この人の紹介なら受けよう」と思うだろうし
紹介をうける側も「この人の紹介なら時間を取ろう」となるのだろう。

変な人を紹介したら「なんでこんな人を紹介するの?」と、
紹介する側の信用を落としてしまう。

紹介をうける側が変な対応をすれば、「なんでこんな人を紹介したの?」と
紹介をされた側は、紹介する側の信用を落とすだろう。

要は紹介する側も、される側も「人としての信頼が先に立つ」わけだ。
逆を言えば「業務の受発注関係がある方が、関係構築は簡単」とも言える。
そこに信頼があるかどうかは別にして、受発注の関係はできるから。

============================
会社の成長余力を考える。

事業は0→1、1→10、10→100と成長段階によって異なる
と良く言われる。

「市場規模」「市場成長性」「マーケットシェア」とかの視点は、
どちらかと言うと1→10、10→100の段階での視点だろう。

が、0→1、ビジネス、仕事を生みだす原動力の大半が
「人」であるという観点からすれば、直接、短期的な関係ではなく
「信頼関係が構築されている人」の数×広がりの方が、つながりやすく、
本質的な会社の成長余力なのでは?と強く思う。

============================
最近は、名刺交換会みたいなのには、参加するのを控えてます。
無理と無駄な交換も多いのは理解していましたが、時間を見つけて
いろいろと顔を出していました。

が、控えている理由の一つには、グループ各社の役員や
幹部が人的な広がりを作ってくれていると感じているからです。

今週はありがたいことに、僕は3件の紹介を受けました。
グループで言えば、何件あったのだろうか?

引き続き、紹介を受け、紹介をし、紹介をされる、
信頼に基づく関係の人を増やして行きたいと思います。









 


profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Affle

Wil

     

D2C

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM